レッスン費は月謝制とチケット制のどちらがいいのか、悩んでいませんか?

教室運営で月謝制とチケット制について国分寺レンタルスタジオでは、バレエフラダンス、社交ダンス、ヨガやゴスペルなど様々なジャンルの先生にご利用いただいています。 その中で、「教室のレッスン費を月謝制とチケット制のどちらがいいんだろう?」とお悩みの先生が多くいます。 月謝制とチケット制、それぞれのメリット・デメリットをまとめました。 これからダンス教室やカルチャー教室を始めようとお考えの先生、必見です!

月謝制はレッスンへ通う習慣が身につきやすいシステムです。

月謝制のメリット・デメリット

月謝制とは、一ヶ月分のレッスン料金をまとめて支払うものです。
一ヶ月分まとめての料金にすることで、チケット制より安い料金に設定しています。少人数のダンス教室やカルチャー教室、キッズダンス教室などですと、月謝制にしているところが多いようです。
レッスンを長く続けることができないタイプの方も、月謝制にすることで規則的に通う習慣が身につきやすいシステムです。
定期的に通わなければ上達できないレッスンや少人数の教室にオススメの方法です。

チケット制は日々の予定が立てにくい生徒さんが多い教室が多く使うシステムです。

チケット制のメリット・デメリット

チケット制とは、「1レッスン1チケット」としてレッスン料のチケットをあらかじめ購入しておき、レッスンを受けるたびにチケットで支払をするシステムです。
1レッスンあたりのレッスン費は月謝制より少し高く設定しています。
回数チケットを発行し、有効期限を設けることで期限内にレッスンに来ていただくようにするケースが多くあります。
お仕事などで忙しく、決まった曜日・時間で通うことができない生徒さんには喜ばれるシステムです。

教室運営時には月謝制・チケット制を組み合わせよう。

スケジュール管理自分のお教室を始める時は、レッスン費の集金方法を決めなければいけません。
バレエフラダンス、ヒップホップやヨガなど様々なジャンルの教室がありますが、自分がターゲットとする生徒さんが教室を長く続けていきやすい方法が一番いいかと思います。
例えば、平日昼間の主婦向けダンス教室やキッズダンス教室の場合には「月謝制」が定額でわかりやすいです。
平日夜間のビジネスマン向けのダンス教室やカルチャー教室には、自分の都合を調整しやすい「チケット制」が便利のようです。
生徒さん自身が自分のライフスタイルに合わせてレッスンを続けられるように、「月謝制」と「チケット制」の両方を用意しておくのがよいのではないでしょうか。

 

国分寺で教室を始めるなら国分寺レンタルスタジオがオススメです。

国分寺駅徒歩3分にある「国分寺プレイススタジオ」は、平日昼間だと1時間1,000円~で教室を持つことができます。
メンバー制のレンタルスタジオなので、安定したスケジュールで教室を運営することができます。 詳しくは、お電話(03-5822-4050)もしくはサポートチケットよりお問い合わせ下さい。

国分寺 レンタルスタジオ お問い合わせ

国分寺レンタルスタジオのトップページ